資産運用を始めてみましょう!

「お金とどうかかわって生きていくか」というのはいつの時代でも大切なこと。今の時代はなおさら求められていることではないでしょうか。

注目の記事

資産運用を始めてみましょう!

「お金とどうかかわって生きていくか」というのはいつの時代でも大切なこと。今の時代はなおさら求められていることではないでしょうか。日本は相変わらず低迷した経済のまっただ中。デフレからの脱却にもまだまだ時間がかかりそうです。この先どうなってしまうのか? 一家の家計レベルで見ても、大半の家が節約を心がけ、将来的にも明るい展望を持ちにくい状況にあります。

もちろん、雇用面での不安もぬぐいきれません。かつてのような終身雇用、年功序列で安泰したサラリーマン生活を送れる時代ではなくなりました。リストラ、非正規社員の増大。働く意志を持っていても、その機会さえも与えられない。

せめて社会保障が強化されれば・・・と思うものの、国の財源も厳しい状態にあって、政府もすでに増税や年金の支給開始年齢を68〜70歳へと引き上げを検討しています。現在45歳以下のサラリーマンにいたっては、年金保険料の支払額より受取額が低くなるといった話もでているのです。「これではタンス預金以下じゃないか」と嘆く声も聞こえてくるほど。

結局、自分のお金は個人で守って、増やしていくしかないのです。こんな苦しい状態を切り抜けるには、知恵と知識を使って、資産運用のスベを身につけていくのもひとつの手だて。お金を家の中に眠らせておいてはいけませんし、銀行に預けっぱなしもだめです。この際、「金利が低くて銀行の定期預金も・・・・・・」という人は、新たに資産運用を考えてみてはいかがでしょう。

資産運用と聞くと、むずかしそうなイメージでとらえがちですが、基本は単純明快! ある程度の儲けを得るには、それなりのリスクも伴います。リスクを伴う分だけ、収益も高い。要は「ハイリスク、ハイリターン」なのです。とはいっても、できる限りリスクは回避したいもの。そのために大切なことは、資産を分散投資。期間もできるだけ長期で収益が出るように運用していく方法を選ぶことです。資産運用はいうなれば「マネーゲーム」。ただし、一攫千金を得ようとバクチを打つ感覚でやるものではありません。いざという時に必要なお金は安全性が高く、いつでも換金できる状態にしておくこと。それ以外のお金で資産運用に回せる分を、増やしていくこと。これが重要なポイントです。

最近はサラリーマンの中でも「会社の給料だけに頼っていてはならない」とシステムトレードで資産運用を行う人も増えています。そこで今、注目されている金融商品を一挙にご紹介。「少しでお金を増やしたい」という人は、この機会に検討をしてみてはいかがでしょうか。


Copyright(c) 2018 資産運用を始めてみましょう! All Rights Reserved.